PEファンド

以前、話が立ち消えになったPEファンドの社長秘書の話が、夢の中に出てきて思い出してしまい、ちょっと悲しくなりました・・・

過去のブログでも社長との面談対策のアドバイスを募り、デロイトのD(過去のボス)にも意見もらったり、社長はいつ海外出張から戻ってこられるのかしらん?♡と思っていたのだけど

散々待たされたあげくに話が立ち消えてしまったという、思い切り持ち上げられた末に突き落とされた感じでした。

今更の話ですが。

PEファンドってやっぱりすごくいいと思うんです。

今の世の中って、私の主観ですが、GAFAの手の上でみんなちょこまかしてる。中途半端に大きいところだと二次利益みたいなのしか得られないというか、結局そこの規制の上で動かないといけないから(Googleとか現代の情報の関所だもの)

だったら、もっとこじんまりと個性ある強いビジネスして、それでグーグルとかに買収してもらって、キャピタルゲインを得て、自分はぱっと離れるとか、そういうビジネスモデルじゃないと本当の利益なんて得られないと思ってて、

金融でいっても、銀行とか証券というのはやっぱりもう厳しんじゃないだろうか?と思っていて、そんな中PEファンドってやっぱりとてもいいと思うんですよね。小さいからそこで分ける利益も大きいし、とにかくばっとビジネスに力を注入して育てて売るなりして、っていう完結していく形のビジネスって、

もちろん継続的に利益をもらっていくっていうのもあるとは思うのだけど

主観なのだけど、キャピタルゲインのインパクトが、世の中的に大きくなっている気がするんですよね。

わたしはインカムゲインのほうが好きだし、インカムゲインのほうが賢くて価値があるような気がどうしてもしてしまうのだけど、強大なものが出てきて、その支配から逃れられないのなら、ほんと戦おうとかせずに、美味しそうに見せて買収されて、離れてしまって、みたいなほうが、今の時代楽なのかな。と少し感じます。

ビジネスの仕方がサブスクリプションにしないと成り立たないっていうのはそういう強大なものがあるから、それしかないからなのかもとちょっと思った

PEファンドの話から離れてる・・・

PEファンドは、とにかくいろんなものと切り離されていて、アットホームで独立してる感じ。わたしが紹介してもらったPEファンドも社員は10人もいなかったです。

どっちにしろ今は、小さいほうが変化にも強く時間も短縮できたり得なのだろうと思います

いろんなことをいっぺんに考えるので、わたしの話ってぐちゃぐちゃなんですよね

(。-_-。)